金買取価格.jp

白金~プラチナの買取について

プラチナと似ている素材について

金買取時には素材についても注目しましょう

金買取では、アクセサリー類を買取に出す人も多くいるでしょう。
金と一言でいっても、プラチナ・ホワイトゴールド・ピンクゴールド・イエローゴールドなど、様々な金を使っていることが多いのが、貴金属類の特徴でもあります。
中でもプラチナとホワイトゴールドは、多くの方が間違えて認識しています。
プラチナだと思っていたけれど、査定に出したらホワイトゴールドだった。
そういう方も多くいらっしゃいます。

手持ちのものが、どの素材なのか?
査定前に知っておくために、こちらで簡単に説明します。

一番高価といわれるものがプラチナです。
プラチナは他の素材比較しても、高価買取が期待できるものです。
プラチナの中でも「白金」というものは、特に希少価値が高く買取価格も期待できます。

ちなみにホワイトゴールドはプラチナよりもお手軽で、手に入りやすいと人気の素材でもあります。
ホワイトゴールドは、メッキ加工によって光沢感を出しているものです。
見た目はプラチナに似ていても、持ってみると重さも違いますので気付くことができます。
素材もホワイトゴールドは75%が金となっています。

プラチナはゴールドよりも傷がつきにくく、綺麗な状態で保存ができると扱いやすい素材ともなっています。
金買取時には、これらの金の知識も持っておくと、査定時に有利となることでしょう。

RETURN TOP